沿革

バイオインターナショナルの歴史

創業者である取締役会長の東原弘享があらゆる商品開発を行い、あらゆる製品の特許取得、製品化を機に昭和63年8月9日松山市平和通にて「バイオインターナショナル株式会社」設立。空気、水、油の3大要素に係わる商品を独自で開発し、その「生命体(バイオ)を世界に向けて広めよう」を会社の理念として始まりました。

沿革

  • 水関連の商品開発

    業務用、ビル用の浄化装置の開発

  • 油関連の商品開発

    ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン用の燃料改良装置の開発

  • 空気関連の商品開発

    日本国内の花粉症などを含む環境汚染対策、世界を見た場合、中国のPM2.5をはじめとする非常に幅広い環境汚染、化学物質汚染、黄砂、砂漠地帯での砂ほこりなどがあります。そこに着眼し、従来の顔を覆い隠すマスクとは、全く違う誰にも気づかれず、違和感なくファッショナブルにできるマスク→「鼻マスク(ノーズマスク)」の開発をスタート。当初、金型メーカー、デザイナー、機械設計、ロボットメーカー、素材メーカー、など専門家約10名でプロジェクトチームを結成し約2年間月1回のペースで会議を重ね完成に至った。試作、モニターテストを繰り返す過程で社長自身も花粉アレルギーの持ち主のため良い実験台になった。特に、鼻粘膜の神経が敏感なため、人に優しい商品を作る意味において良いモニターになれたと認識している。2005年2月広島で開催されたビジネス「第3回ビジネスフェア中四国・ユニーク商品見本市」にサンプル出品したところ、テレビ局をはじめたくさんの来場者から、「早く商品化して販売してください」など大好評を頂いた。更に改良を加え2005年9月に「第60回東京インターナショナルギフト・ショー」に出展し販路を開拓していった。

  • ノーズマスクピットシリーズのテスト発売

    当初はネット通販を主な販路とし、店頭販売第1号は東急ハンズ渋谷店。毎年多数のテレビ番組で紹介していただき3倍ずつ売り上げを伸ばした。確かな市場からの手ごたえを感じ、リニューアル発売を決定。

  • ノーズマスクピットシリーズのリニューアル

    2005年のテスト販売から3年の歳月をかけ、ついに2008年9月15日全面リニューアル2号機を発売。 当初の予測をはるかに上回る売り上げ実績を残す。その後、鼻水対策「ピットストッパー」、PM2.5、鼻水対策を同時に実現する「ノーズマスクピットSUPER」を次々にリリース。2018年2月には柔らかさを重視した「ノーズマスクピットNEO」をリリースする。研究、開発に終わりはありません。 これからも、もっと良い商品を開発してお客様に満足していだけるよう努力していきます。

WORLD WIDE

アメリカ・中国など海外に展開

REPEATEDLY

繰り返し洗って使えるマスク

NEXT ONE

松山ブランド新製品コンテスト受賞

SAFE and SECURE

安心安全のすべて国内生産