製品情報

ピットストッパー

ピットストッパー

普段から鼻水に悩まされている方!!ピットストッパーは進化した花粉対策マスクです!

「ピットストッパー」は進化した花粉対策マスク。花粉症の花粉を止めるスポンジ形状のフィルターです。花粉を除去する機能に加え、花粉による鼻水症状で鼻水が止まらない時などには、鼻水を外部への流出を抑えるストッパー(鼻栓)の役割も兼ね備えてます。「ピットストッパー」が花粉を除去するフィルターと鼻水の流出を抑えるストッパーの役割をしますので、花粉を除去し鼻水の流出を抑え、鼻を頻繁にかむ事も無くなり、顔を覆うマスクのわずらわしさも、女性の気になる化粧崩れも起こりません。「ピットストッパー」を鼻に装着していても目立たない構造になっているので人前でも安心です。まさに画期的な進化した花粉症マスクです。

鼻セン、レギュラーサイズ、Sサイズ、フリーシーズン
  • ・ピットストッパー【14個入り】 
     メーカー希望小売価格 1,890円(税込み)
  • ・ピットストッパー【3個入り】
     メーカー希望小売価格 525円(税込み)

※【Sサイズ】のお値段は上記と同じです。

ご購入はこちらから

▲バイオインターナショナルの
ショッピングサイトへご案内します。

ピットストッパー

小さな鼻の女性の方向けに!女性向けの【Sサイズ】が新発売!!

小さな鼻の女性の方向けに、鼻に差し込むフィルター部分を一回り小さくした【Sサイズ】登場!
今までのレギュラーサイズでは、鼻に挿入出来なかった方や挿入出来てもサイズが大きくて違和感が強かった方など…鼻の小さな方に使って頂けるように開発されました。Sサイズのピットストッパーはレギュラーサイズの半径で0.4mmずつ小さくした大きさになってます。

レギュラーサイズと比較

比較図

▼「ピットストッパー」レギュラーサイズとSサイズの比較表
サイズ・構造部分 ピットストッパー仕様
フィルター レギュラーサイズ 乾燥時:直径8.5mm
吸水後:直径9.5mm
Sサイズ 乾燥時:直径6.9mm
吸水後:直径7.9mm
フィルター
カバー
レギュラーサイズ 直径11.5mm
S サイズ 直径10.7mm
フィルター素材 セルローススポンジ
フレーム素材 ポリプロピレン

※「ピットストッパー」のフィルター(スポンジ)は一度吸水して、水気を切ってから使用しますので吸水後は、厚さが4倍になります。乾燥時は厚さ1.1mm⇒吸水後は厚さ4.4mm

ノーズマスクピット

花粉、ほこり、カビを99%カット!見えないマスク、ノーズマスクピットの構造

  • 罫の太さに変化をつけることによって力のかかり具合を軽減する効果があります。
  • 強力な吸収力をもつセルローススポンジ機能とフィルター効果があります。
  • 通常鼻毛が果たす役割をこのパーツが果たします。
  • 覗かれてもフィルターが目立たずフィット構造になっていてとても安心。
  • 正しい装着状態下鼻部に密着するまで挿入する。
  • 間違った装着状態下鼻部に密着してない。
  • 使用例
  • 装着方法①水を含ませる。
  • 装着方法②水気を切り小指で鼻の奥まで差し込む
  • 装着方法③ローアングルでも目立たない

装着時に違和感を感じられる方もおりますが、気にならなくなります。

ご購入はこちらから

▲バイオインターナショナルの
ショッピングサイトへご案内します。

ピットストッパーは鼻水の流出を防ぎます

「ピットストッパー」のストッパー部分には、高密度・超高性能吸水材セルローススポンジ(吸水率25.6倍)を採用!この高密度スポンジ状フィルター(内部に細かな孔が無数に開いた多孔質の柔らかいフィルター)により、呼吸するたびに入り込んでくる花粉を除去し、花粉症で溢れて止まらない鼻水も流出を防ぎます。

「ピットストッパー」は花粉対策以外にも、風邪で鼻水が止まらない、急な鼻血で血が止まらない等の症状の方にもストッパー(鼻栓)としてお使い頂けます。

バイオインターナショナル株式会社ネットショッピング

ご購入はこちら
製品情報
  • ノーズマスクピット
  • ピットストッパー
  • ハナラック
  • ノーズマスクピットとピットストッパーの違い
  • 安心・安全の取り組み
  • お客様の声
お問い合わせ・資料請求
インターネットからのお問い合わせはコチラ
  • facebook
  • Nose Mask Pit インターネットショッピング
  • バイオインターナショナル 安心・安全への取り組み
  • バイオインターナショナル会社案内

●ピットシリーズの特許
【米国特許】
 Patent No:US 7.207.333 B2
【韓国特許】
 第0815448号
【国際特許出願中】
 PCT/JP03/06307

ページの先頭に戻る